2012年09月16日

【 外伝、エロマンス、その四 〜 続きはしない 】

≪ピー! シューボン!≫

そう。
ヤカンの沸騰するような音に続き、ロケット花火が炸裂した音が続き、
ツカサの頭から煙りが出て、髪がめらめらと燃え始めた。

「頭がポーとするんです。熱いです」

ロリコンの過剰な期待が、メモリーに過剰な情報を詰め込み過ぎたのだ。
人工知能本体がオヴァーフォローした。
慌てて、消化器を手にツカサの頭にぶっかけるクー。

「エロいしゅよ。ツカサは。何せメラメラと頭が燃えていますから。あい」

その間、目を回し、ぶっ倒れるツカサ。
ツカサは一連の騒動で、完全に壊れてしまった。
ロリコンの執念によって。

*****

「ふぁ〜…。むにゅ、むにゅ」

頭と胴体が切り離され数本のコードで繋がっているツカサがあくびをする。
今、クーは、必死になってツカサを修理しているのだ。

「博士。あのメモリーもう付けないんですか?」

「だまれ。作業の邪魔だ」

「ツカサ、せっかく博士の言うエロマンスが分かりかけたのに」

そう。クーは、あえて、拡張エロメモリーを外し、ツカサを直していた。
あのメモリーは、あり得ないほどのエロが詰まっていたのだ。
だから拡張するとオヴァーフォローするのだ。

あっちのH経験がない童貞ロリコンの過剰なエロ情報が仇になった。

「アレはダメだ。失敗だ。失敗」

「もう少し私が大人になってだな。期待を縮小せねばな。というより……」

「あい」

「お前には重大な欠点があった事を忘れていたよ」

クーの右手で電動ねじ回しが踊り、左手のハンダゴテが回路を繋げる。
その手際は、ロリコンでも、さすがは発明家と言ったところか。
手際よくツカサを直していく。

「これも、ま、私が大人にならなくては、分からない事なのだが」

「あい」

「お前にはアソコがないんだよ」

「あい。アソコの意味は分かりませんが、つるつるです」

「つるつるっていうな」

ロリコンで、童貞なクーに作られたツカサ。
アソコを知らないクーが創ったのだからアソコがないのは至極当然。
例えあの実験が成功していても全年齢対象は守られたわけだ。

「あい。というか博士はいつ大人になるの? もう四十五才だよ」

「うるさい。あちっ」

クーの左手のハンダゴテが動揺で右手人差し指に触れた。
鉛も溶かす、ちんちんに熱せられたハンダゴテが。
よほど触れられたくない所だったのだろう。

「きゃははは。博士。動揺してる」

「馬鹿にするな!」

そうして、今夜も平和に夜が更けていくのであった。

ロリコンは夢、また希望なのだ。
決して現実にしては、いけないというお話。
お後が宜しいようで。

宜しくない?

このお話は、全年齢対象なので、悪しからずです。
ただし、十八禁のツカサ(改)に続く予定。
……は、ない。

期待するなロリコンどもめ!

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

↑ロリコンは、これでも観てればいいんだわ。
posted by 四草めぐる at 23:24| Comment(0) | 外伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 外伝、エロマンス、その参 〜 拡張 】

「さて」

クーは、一つ咳払いをして、ツカサの方に向き返った。

またスイッチが入ってしまったようだ。
もうどうにもアダルトビデオでは、我慢ができなくなったのだろう。
性懲りもなく、ツカサに鋭く強いエロ視線(エロレーザー)を放っている。

「今度、誰かが来ても出なくて良い」

「あい」

「ツカサ、それよりも、お前にとても大事な事を教えよう」

「わぁ。ブリさんだ。カサカサ」

対してツカサはエロマンスに興味を失ったのか?
近くにいたゴキブリに興味を移し、ゴキブリのポーズでカサカサしている。
というかゴキブリと戯れるな。

「聞け! つーか、ゴキブリをブリさんとか言うな。友達なのか!?」

「あい、あいあいさ」

クーは大口を開けて怒った。
しかし、さすがの童貞ロリコンでエロスの塊のクーでも、
ゴキブリと戯れられては、いつしか、エロい気持ちも霧散してしまう。

「ま、いい。ツカサ、こうなったら嫌でもエロい気分にしてやる」

クーは、何かを考えついたようだ。
そして、実験室にこもった。
こもる事、数時間。

濃くて深いディープな研究時間が過ぎていった。

「ブリさん、ブリさん。遊びましょ」

相変わらずツカサはゴキブリと戯れていた。
ゴキブリの方は、いい迷惑に見える。
カサカサと遊んでいた。

「ジャカジャン!」

と唐突。
クーは実験室から飛び出して、胸をはったって大声を出した。
手には拡張メモリーらしきモノが握られていた。

「ぬははは。私はやはり天才だ」

「あははは。カサカサ」

「数時間でこんなモノまで作れてしまうのだから。自分の才能が怖いゾ」

クーは一人酔っている。
横に素知らぬ顔でブリさん事、ゴキブリをいたぶっているツカサがいた。
まったくクーの事など自分の視界に入らないと。

「聞け! 聞け! 聞け! 聞け!」

「あい」

クーは、真っ赤な顔を更に真っ赤にして怒った。
ツカサは、耳の穴を指で押さえて、耳栓代わりにしてやり過ごした。
その瞬間、ブリさんは、ツカサから解放され放り出された。
……ゴクリ。

「あっ」

「あい? うい?」

「食っちまった! 食っちまったよ!」

そうなのだ。
ブリさん事、ゴキブリは大口を開けたクーの口中に着地してしまったのだ。
そして、勢い余ってクーは、ブリさん事、ゴキブリを飲み込んだ。

「おぇ〜…、ツカサ。お前、なんて事をするんだ!?」

「きゃははは。博士の顔、キモイ」

ツカサは気持ち悪がっているクーの顔をみて、大笑いしている。
悪気がない分、始末が悪い。純粋ゆえの罪。またしても。
ロリコンはそうなる運命なんだ。

「笑うな!」

「あい」

ツカサは、クーの言葉に反応し、再度、きびすを正し敬礼をした。
ツカサは基本、クーに忠実に創られていたから。
本能的にだ。

「というかだな。やっと完成させたんだ。見ろ。世紀の大発明なんだぞ」

「あい。コレはなんですか。博士」

「エロ情報が詰まった拡張メモリーだ。お前をエロい女の子にする」

クーの股間が、再び反応する。
ロリコンがロリコンのために作ったロボットにエロ情報をインプットする。
これから先に起こる出来事に股間が反応しないのは、ウソだろう。

「ぬははは。ゴキブリを食ってしまったが、そんな些細な事は忘れよう」

「あい」

「やはり私は天才だ。そうだろ、ツカサ?」

「あい。ブリさん、さようなら」

ツカサは滝のような涙を流し敬礼をしつつ、ブリさんに敬意を払った。
今、クーのお腹の中で蠢くブリさんの無事を祈って。
ブリさん、ご無事を祈りますと。

「こほん。あー、あー。そっちの方じゃない」

「うい」

「私は天才だろっと聞いているのだ」

「あい」

「あいだけか答えは?」

「あい」

「そうじゃないだろ。こうパーッともっと盛り上げようとかはないのか?」

「あい、あいさ」

「ツカサ。お前、私を馬鹿にしているだろ」

「あい、あ……、きゃははは」

ツカサのあの後、クーは言葉を失った。ツカサの無垢な罪に。
ツカサはツカサでクーを馬鹿にしていた事がバレて、大笑いをしている。
無邪気というか、なんというか。

「うわぁ! もぅ! こうなったら実力行使だ!? エロくなれ!!」

クーは、無理矢理ツカサの頭頂部のネジを引き、
人工知能パーツが組み込まれている部分をあらわにした。
そして、今し方、開発したエロ拡張キットを拡張スロットに差し込んだ。
途端。

少しうつむき黙ってしまったツカサ。

ドキドキ。
実験は、成功したのか?
クーの鼓動は、ロリコン魂で騒ぎ出し緊張した。

ドキドキ。

ドキドキ。

「あはん。博士、体が火照るの。この火照りどうしよう?!」

「うはっ」

クーは、大喜びした。
ちょっと大人びているのが気に入らないが、確かにツカサはエロくなった。
どうやら実験は、成功したのだ。クーは歓喜した。

「切ない。切ないの。博士。早く何とかして」

「ツカサ」

「あい。博士に名前を呼ばれると余計に切なくて、同時に心地よくなるの」

「ツカサ。それで良いんだよ。それがエロマンスの世界だ」

クーは、ダンディを気取り、手をアゴに持ってきて、渋く決めた。
しかし相手は七才の子。渋くもないしダンディでもない。
犯罪だ。

「……頭がぽーっとするよ。次に何をすれば良いの」

「そうだな。何がしたい?」

「はぁん。ふぅ」

「今は、お前のしたいようにすればいい。私はそれを見ていてやるからな」

「ああん。恥ずかしい」

「うはっ」

時々、クーの本音が出て、ダンディ気取りの顔が崩れる。
それがまた嫌らしい。ロリコンの本性である。
このロリコンめ。

「じゃ、言ってみろ。何がしたい。私が手伝う事はあるか」

「ふぅん。何もしたくないよ。ただ博士の胸に抱かれ、心地よく眠りたい」

「うん。そうか。そうか」

「はぁん。早く。博士、じらさないで。お願い」

「ツカサは恥ずかしがり屋さんなんだな」

「博士。ツカサ、切ないの。切ないんだよ。じらさないで、お願い」

「恥ずかしがり屋ままでは、お前の知りたいエロマンスは極められないゾ」

というか、ロリコン。
エロマンスとかわけの分からない言葉で誤魔化しているが。
お前自身が知りたい事だろうが。

と、思わず作者が突っ込みを入れたくなるほど、ロリコンは興奮していた。

「あい。どうすればいいんですか。教えて下さい」

「そうだな。でも本当は知っているんだろ。エロい子だ。ツカサは」

「あい。ツカサはエロいです。です。です」

「……って、お前!」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

↑べ、別に深い意味はないんだからね。
posted by 四草めぐる at 23:17| Comment(0) | 外伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 外伝、エロマンス、その弐 〜 お約束 】

「あい。あいさ」

「うわっ」

ツカサは彼の手をとり研究室から飛び出し、どこかへ連れて行こうとした。
ロボットだけあり、大人一人など軽々と持ち運びながら。
クーは、ツカサの意外な反応に驚いた。

「ちょ、ちょっと待て。ツ、ツカサ。どこに連れて行くつもりなんだ」

「ベットでしょ。ベット」

やや。
ツカサは、何か勘違いしているようだ。
ついた先は……。

「じゃんじゃんバリバリ、じゃんじゃんバリバリ」

「……」

「どちら様もこちら様も、毎度、ありがとうございます」

ギンギラ電飾のパチンコ屋。
のぼりに「さ、勝負だ」と書いてある。

「そのベットと違う! 確かに賭ける事をベットと言うけど! 違う!」

「あい。そうなの?」

「そもそもなんで、あっちの方は無知なのにだ」

「あい」

「パチンコやベットとか知ってるんだ。それこそ大人になって知るんだろ」

それは、確かにそうかもしれない。
しかし、ツカサの脳。
つまり頭の中にあるAIにはネット並の情報が記憶されているのだ。
そして、今も学習しツカサの脳は進化を続けているのだ。
けれどもクーにとって一番大事な事。

あっちのH情報はロリコン童貞が作っただけあって、すぽっと抜けている。
彼女の脳天気ぶりにクーは、一気にやる気をなくした。
やっぱり、AVでも観るかと。

「ま、良い。帰るぞ」

「ベット! ベット! 博士、ベットだよ」

「うるさい」

そんなこんなで、ロリコンの夢。
見た目、七才のツカサにいつも隙あらば手を出そうとしているのだが。
いや、むしろその為に執念を燃やし、ツカサを作ったのだが。
ツカサの無邪気さとあっちのH情報不足により、

アダルトビデオで一人孤独に処理するしか手はなくなっているのであった。

「ねぇ。ねぇ。博士」

「なんだ。ツカサ。エロい気分になったか」

というか、クーの頭の中を覗きたい。
80%がエロとロリできていて、残り20%が本能か。
最悪の生命体だ。

天は、何故、こんな最悪な生命体に、
ツカサというロボットを作りあげるような才覚を与えたのだろう。
いや、むしろエロの為に執念を燃やした結果なのか。
それは分からない。

分からないが、クーは、ロリコンの永遠の夢をその右手に掲げていた。

「博士が言うエロい気分っていうのがツカサには分からないよ」

「……(罠か?)」

「ねぇ、ねぇ、博士、どんな感じなの?」

「エロス」

クーが何か大事な事を言わんとするかのよう、一言つぶやき、拍をおく。
そうして、ツカサをじらした後、ゆっくりと続けた。
ロリコンの永遠の夢を語るように。

「エロス。それは人類最大のロマンスなのだよ。ツカサ」

「ロマンス? ロマンスは知ってるよ」

「なんだ。言ってみろ」

「あい。ロミオとジュリエットだよね。決して結ばれない悲恋」

「……それもそうだが。今、言おうとしているロマンスとは大きく違う」

「あい」

「ココで試してみるか?」

「うい」

「ベットというとまた変な所に連れて行かれるからな」

クーの息づかいが、ハァ、ハァと荒くなってきた。
興奮し始めたのだ。ちなみにクーの容貌をココで、記しておこう。
クーは、四十五才の童貞、カネなし。

デブでないのが、唯一の救いだが、お世辞にも格好いいとは、言えない。

ひげ面オヤジ。
性格は、性欲と金欲だけは、人一倍あり、エロスの塊。
いつでもカネと女の事だけを考え、日々、発明にいそしんでいる。
彼はタイムマシーンなど、到底、考えられないような発明を多々している。
しているが、世の中には発表はしない。

発明したモノを世の中に発表すれば、カネはうなるほど手に入るのだが。

何故なら彼が極悪だから。
彼の価値観では、発明したモノの特許を取り発表するのは邪道なのである。
それよりも発明したモノを独り占めしたいのである。

人知れず発明した品でカネを稼いだ方が、より儲かると考えているのだ。

つまり、自動車や飛行機を考えれば良い。
自動車や飛行機を発明した人物は確かに始めは儲かったかもしれない。

しかし特許料には期限がある。

自動車や飛行機は、特許の期限が切れて、
発明した人物より、商売上手な商人に、その儲けを奪われた。
そうして世の中は進歩した。ごく自然な流れであろう。
それが、クーにとっては、まったく持って、許せない事なのである。

つまり彼にとって、世の中が進歩しようが、しまいが、知った事ではない。

永遠に自分だけが儲けたいと考えているのである。
クーの頭の中には、自分が良ければそれで良いと考えているのだ。
というか、だからこそ、クーは、いつまでたってもカネなしなのである。
少々、話が逸(そ)れた。
話を戻そう。

「あい。博士。ロマンスについて教えてくれるんだね」

「そうだ。ツカサ。人類の永遠の夢、エロスなロマンスを教えてやる」

「まず何をすれば良いの?」

「スカートをまくって、パンツを見せろ」

「あい。それがロマンスに近づく一歩なんだね」

「ハァ、ハァ。そうだ。その通りだ。いいぞ。いい流れだ」

ツカサは、またもや疑いもせずスカートに手をやる。
クーは、もう辛抱たまらんとズボンにテントを張って、顔を真っ赤にした。
経験のない童貞、ロリコンらしい。

そして七才の美少女がオッサンの前で露わもない姿になろうとしていた。

ツカサのピンチ、そして、この話が十八禁になるピンチだった。
しかし、そこは、作者の機転。そしてお約束の展開。
そして、大人の事情を素直に表現した。

≪ピーンポーン≫

とロリコン博士、クーの夢が叶おうとした瞬間。
絶妙なタイミングで、研究室に来訪者が現れチャイムをならしたのだ。
なんたる、お約束な展開。

「お客さんだよ。ツカサ出る」

ツカサは、スカートをまくり上げるのをやめ、玄関に向かった。

「ちくしょう。誰だ。こんな大事な時に。セールスだとかだったら殺す」

クーは、とても残念そうに地団駄を踏んだ。
というかお約束だと気づけ。十八禁な展開には、ならないから。
ま、作者の都合でもあるな。

「博士」

「なんだ。下らないセールスマンか」

「アタラ教の人。あなたは神を信じますか? だって」

「セールス以下だ。殺す。ココに宣教師モドキを連れてこい。微塵切りだ」

ロリコンよ。
お前の願いが叶わないからと八つ当たりをするな。
宣教師モドキのおばさんは、さすがに殺されはしなかったが、
それなりの説教で、クーの怒りを発散され、すごすごと帰っていった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑天からの思し召しで現れた宣教師のおばさんw
posted by 四草めぐる at 23:12| Comment(0) | 外伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 外伝、エロマンス、その壱 〜 始まりはアダルト 】

……このお話は、全年齢対象である。
そして、このお話を全世界のすべてのロリコンどもに捧ぐ(ささぐ)。

「あん。いいわ。はぁん」

研究室の一角から女のあでやかな声が聞こえる。
なまめかしく。一体、この真っ昼間から何をしているのか。

「ええのんか。ココがええのんか」

続いて、お約束のごとく、禿げてそうなエロ親父の声が聞こえる。

「あぁん」

「これ以上、言葉はいらんわな。ええわ。よっしゃ」

「はぁん。ふふふ」

「お前はんを天国に連れて行ってやるさかいな」

ハァ、ハァと男の荒い息づかいが辺りを支配する。
クッと何かを我慢する女の息づかいが、男のそれに追随する。
ふぅん。あはんと。

「……ねぇ。ねぇ。博士、何を見てるの」

「ぶはっ」

ティッシュ片手に下半身丸出しの男が、つばを吐き出す。
率直に言おう。彼は今アダルトビデオをみていた。
しかし、良いところで、七才位の女の子に袖を引っ張られたのだ。

そう。
彼は今この瞬間、逝きそこねたのである。
しかも最悪の形で。左手にあるティッシュが寂しく行き場を失っている。

「……ツカサ」

「わぁ、女の人が!? 何をしてるの。こう?」

ツカサと呼ばれた女の子は、テレビに映っている女の人と同じ格好をした。
彼女は、まだ七才くらい。純粋なのだろう。キャキャと笑っている。
無邪気ゆえの罪か。男には、そう思えた。

ツカサは美少女と呼ばれても差し支えがない美貌を持っている。

髪は紫紺で肩までのボブカット。
瞳の色も髪の色に合わせ紫紺。くりくりと愛らしく動き回っている。
ロリコンにとって、これ以上の獲物はないと言っても過言ではないだろう。

「コラ! アダルトビデオのマネするんじゃない」

男は、顔を真っ赤にしてツカサという女の子を叱りつけた。
多分に恥ずかし紛れもあったのだろうと思う。

「いいか。ツカサ」

「あい」

「アレは、大人になってから知る事だ。お前はまだ子供だ。分かるな」

「あい。あいさ」

ツカサは敬礼のポーズをとり男に従った。
子供が大人に従う、それもあるが、ツカサはそう作られていた。
そう。

作られていたのだ!

男は、クー・ゼクロスという発明家。
そしてツカサは、クーに作られたロボットなのである。

クーは発明家。ツカサには、博士と呼ばれている。
しかしクーは子供が欲しかったのだろうか。
いや、違う。
ツカサが子供だという事、そこに重大な意味があった。
クー。彼は、生まれついての生粋のロリコンだったのである。

「そうだな。そう言えば、お前はロボットだったな。大人にならない」

「あい」

「という事は……むふふ」

ロリコンはロリコンの都合の良いよう解釈してエロスを教え込もうとする。
しかし対して、ツカサは。

「という事は、知らなくても良い事なんだね。博士」と、肩すかし。

「違う!」

クーは声を荒げ、ツカサに食いつく。
というか、クーは初めの始めから筆下ろし目的でツカサを作ったのである。
ロリコンが一番、美味しそうと感じる七才という年齢にして。

しかし、では、なぜ、一人寂しくアダルトビデオなど見ていたのだろう。
しかも用意周到にティッシュを左手に持って。

「ツカサ。来い。今からベットに行くぞ。お前に教える事がある」

「あい」

ツカサは、クーの言葉に何の疑問も感じず、素直にうなずく。
やはり、クーは、アダルトビデオなど見る必要性などなく、このまま……。
というか、くどいようだが、このお話は全年齢対象。
このままいくと十八禁になる危険性がある。
いや、その危険はない。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

↑このタイトルを観ていたw
posted by 四草めぐる at 23:04| Comment(0) | 外伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。